気が付くと仰向けに倒れて、空を見上げていた。
何かをしていたはずなのに、突然何もない草原に寝転がっていた。

___普通では、あまり起こり得ないことだ。


不思議な現象に首をかしげて、周りを見ても何もない。
あるのはどこまでも続く空と草はらのみ。


ふわりと優しい風が頬を撫でた。


あの


前置きをショートカットする

名前:ルッツ=ヴェルハイト
貴方を求めて9日目

話した言葉:
画面スタイル:

セーブデータ

ログインしていません。(ユーザー登録)

広告欄

ai広場TOP